ETCカードは審査通れば支払いができる?

インターネットのサイトで買い物をする際にネット決済を使えばオンラインで支払ができます。

いくつかの支払い方法がありますが、スマートフォンからのネットバンキングが簡単です。

買う側はコンビニやATMまで出かけて行かなくても済むので気軽にショッピングを楽しめるメリットがあります。

ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。

販売店は都合の良いときにサイトを更新すれば良くWEB上に記録が残っているので入金管理が楽になります。

しかし、どんなシステムにもデメリットがつきものでハッカーによる情報漏洩の可能性は常に危惧されます。

万が一の時手元にあると便利な物がキャッシュレスで買い物できる1枚です。

買い物の支払いを済ませることが出来る機能の他キャッシング機能がついているのでお金が必要な場合は素早く対応できます。

作る方法は沢山ありますが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

インターネットを利用しない方法になると作成した会社から送られてくる書類に必要事項を書き再郵送する手段もあります。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には一括払いの他にも、支払方法に選択肢があります。

リボ払いは分割払いは別物で支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社に支払う方法です。

月の支払額を一定にできるので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

が、この支払方法は手数料も取られますので安易に選択する事はあまりオススメではありません。

現在では大多数の方が、高速を利用する際にはETCカード付きクレジットカードを利用しています。

返済は計画を立てて行いましょう。

財布に入っていると重宝するクレジットカード。

ETCカード付きクレジットカードは通常ショッピングの支払いに利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。

キャッシングとはどういったものか?例を挙げれば、急遽現金が必要になった時などに提携ATMからクレジットカードを使って現金を引き出す事が出来ます。

ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。

返済する時は利息もあるのでカードを作る時は利息の事も考えて低い所を選ぶと良いです。

ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

申し込みする際に車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式」の2種類があるようです。

一体式車載器のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが楽ですが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操縦する時に少し邪魔になったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし走行中などに車載器側でエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?一例としてETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しく挿入されて挿れば「カードを認識しました」と音声が流れます。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。