NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISAをどのように使うのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更することができるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

参考:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、投資できる数は限られてきます。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などは、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

nisaにおすすめの銀行や証券会社とは?

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がないと参加は難しいですし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAと積立NISAの違いは、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAのリスクを紹介します。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回変更することができるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

関連ページ