誰でも宝くじ?!

 

みなさんも、今までに一度は宝くじを購入したことはあるのではないですか?

 

誰でも、人生1度くらいは宝くじを買った事があるでしょう。

 

それほど宝くじは、とても一般的になっているくじだと思うのです。

 

宝くじにも、色々な種類があって、今ではロト6の様な新しいタイプの宝くじもあり色んな夢を与えてくれるでしょう。

 

しかし、やっぱり本家の宝くじに勝る物は無いと思いませんか。

 

それだけ宝くじとは、人に夢を与えてくれる物だと思うのです。

 

当たってくれるのが、最も良いのですが、外れたとしても笑って「あ〜残念」と思わせてくれる物だと思います。

 

大体は、300円が当たると思いますが、それでも嬉しい物だと思いませんか。

 

この様に夢を追わせてくれる物だからこそ、毎年年末ジャンボ宝くじの時には、宝くじ売り場が長蛇の列を成しているし、当たりが出やすい売り場の特集がテレビで組まれたりしているのでしょうね。

 

宝くじの不思議な所は、外れても「悔しい」と言う気持ちが出てこない事だと思います。

 

それは、夢を買っているんだと心のどこかで思っているからなのでしょうね。

 

当たったらラッキー位にしか思ってないけど、みんなついつい当たった事の事を考えて、それだけで幸せになってしまうのですね。

 

これが、宝くじの不思議な所だと思うのです。

 

宝くじは、連番で購入したり、バラで購入したりと色んな買い方を指定できるのです。

 

どの買い方が一番当たりやすいのかは、全く分かりませんよね。

 

その時の気分で決めても良いですよね。

 

買う時についつい神様に「当たりますように」とお願いしてしまう、そんな夢を抱かせてくれるのが、この宝くじですよね。